A YEAR
北条工務店の日常

A YEAR

2/17
2/17

大竹利絵子さんの彫刻がとても好きで、初めて小さな作品を購入しました。彼女の作品は少女の作品が多いのだけど、ちょっと変わっていて、見ているとクリエイティブな思想になります。

鳥の卵の上に乗った少女の鼻は鳥のように伸び、遠くを見ています。それがどんな意味を持つのか日々考えさせてくれることで、毎日が楽しくなります。

Shinji HOJO

2月3日
2月3日

飛鳥神社の鬼祭、おんだ祭りへ。

来月からスタッフになる飛鳥さんの実家の神社で毎年行われているお祭りで、とても衝撃な内容!

神事だけど、鬼祭と呼ばれる祭りが日本にはたくさんあって、なぜその祭りが生まれたか、というルーツを探るといろんな事がわかります。

ルーツを、探るというのは大切ですね。

Shinji HOJO

1/20
1/20

最近通い始めた美容室。

とても素敵な空間で、笑顔の素晴らしい店主が迎えてくれる。

空間は築100年の古民家をリノベしていて、こういう建物はだいたい寒々しいのがネックだけど、店主の雰囲気でとても居心地の良いものになっている。

それは狙ってないと思うけど、見事にハマっていてる。

こういう店、奈良にも増えてほしいです。

cizima.

 

Shinji HOJO

12月23日
12月23日

先日、京都の聴竹居へ。竹中工務店の藤井厚二氏が建てた、重要文化財のこの住戸は彼が設計した5つの住宅のうちの1つで、最後に建てられ唯一残っている住宅。

建物自体は言うまでもなく素晴らしく、残るべきして残った建物。素晴らしいけど取り壊されたりする建物が多い中で、残るものと残らないものの違いは何か?と考えさせられる建物でした。

 

Shinji HOJO