笑福な暮らし

築45年の狭小地住宅を家族で集う二世帯住宅に。 光と笑いの溢れる温かな暮らし

昔からお住まいの築45年4階建ての鉄骨造の建物を母、妹、姉夫婦で住まう二世帯住宅で暮らせるように全面リノベーションした今回の住まい。

1階は暗く狭かったエントランスをシューズクロークも兼ねてL型にし、照明は天井からだけでなく、壁からも照らすことでメリハリのある空間に仕上げました。

階段を上がり2階は母と妹の生活エリア。お料理がお好きなお母様のためにキッチンは、みんなと話をしながら料理ができるようにアイランドキッチンを採用。収納もたっぷりと用意し、家族みんなが楽しく食事ができる場に。母と妹のそれぞれのベッドルームには収納もしっかりと用意。バスルームと洗面は各階にそれぞれ用意し、各生活エリアで完結するようにプランニング。

3階は猫と暮らす姉夫婦のフロア。2階のダイニングで家族みんなで食事をするので3階には簡易的なキッチンを用意。好きな音楽や画集をお茶を飲みながら過ごせる、ゆったりリビングが広がります。部分的にCATドアを設置し、愛猫もストレスフリーで移動可能に。各階を繋ぐ階段空間は明るく広がりある空間にして、心地よく。

4階は収納とBBQも可能なバルコニーに。家族みんなが心地よく過ごせるプランニング、断熱補強、遮音にも配慮したこれから永く住み継ぐ、憩いの場に仕上がりました。

CUSTOMER VOICEお客様に聞く。好きなこと、住まいのこと。
1.北条工務店を知ったきっかけは?

二世帯で暮らすことになり、築45年の鉄骨造4階建ての実家をフルリノベーションすることになりました。
私たち夫婦は一度マンションのフルリノベを経験済みだったので、これは大変な工事になると感じました。
工事規模が大きいこともあり、最初は大手ハウスメーカーを中心に話を進めていましたが
どこも無個性で思い通りのイメージではなく、困っていたところ一軒家が建てれてリノベーションも得意な会社はないかと、
インターネットで探して、北条工務店を見つけました。

2.北条工務店で工事をお願いしようと思われた決定打を教えてください

サイト内の現場写真を見て、どの現場もきれいに片付いていたので、しっかり工事してくれそうだなと思いました。
実際に無料相談会に伺って、私が描いた拙いプランと家族構成や生活スタイルを資料にしたものを見ていただき、
お話を聞くと、こちらが考えていたイメージや費用感が一致し、不安なく進めれそうだなと感じました。
その後見積もり前の現場調査に来られたときに、他社とは違う視点で細かく説明していただき、
私たち夫婦は心の中でお願いしようと決めていました。
母はまだそのときは大手のほうが安心できるのではないかと言っていましたが、
最初のプランのプレゼンでできることの幅が広がることがわかり感動し、帰りの車の中でお願いしようと決断しました。
生駒のトンネルを通る前には影山さんに電話し、お願いしていました。

3.打合せの進め方は如何でしたか?

私たちは夫婦は、ある程度やりたい事が決まっていたので、
毎回こちらからの提案や相談に根気強く付き合っていただきました。
そして漠然としたイメージしかわかない母と妹にはわかりやすい説明と提案をしていただいたのでありがたかったです。
気がつけばいつも時間がオーバーしてしまい、ご迷惑をおかけしたと思います。
それでもまだまだ足りず、毎日のように主人と夜中まで話し合い
その内容をメールで送って影山さんや古賀さんに相談していました。
そんなやり取りを最後の引渡し後まで付き合ってくださり感謝しています。
おかげで、こんなに夫婦で真剣に話し合いをしたのは久しぶりでした。
構造やスペック担当の夫と、デザイン担当の私(妻)に分かれていましたので、
2人の考えを融合するという仕組みができていて、喧嘩になることはなかったように思います。
また約3週に一度打ち合わせに行くたびに、ギャラリーエントランスの四季の移ろいが楽しみでした。
そして帰りに柿の葉寿司を買うことが習慣になっていました。(打ち合わせで頭を使いすぎて、ヘトヘトで晩御飯を作る気力もなかったです)

4.一番思い出深い打合せは?

解体後の打ち合わせのときです。
室内にパイプスペースを作らないといけなくなり、それまで進めていた間取りでは暮らしにくいことが分かり、
こちらから急に間取り変更をお願いしました。
こう変えたいと説明すると、影山さんからもじゃあここはこうしましょうと、
私もそれならここはこうで、と二人ともアイデアの出し合い合戦みたいになり、10分ほどでプランが決まりました。
私はあの時、頭の中では図面が立体的に見えていて、出来上がった空間の中にいるようで、奇跡が舞い降りたと思いました。
そしてそのときは、もう工事が始まっていたこともあり、その場で手描きで図面を変更してくれたことが一番印象に残っています。
(影山さん焦らせてごめんなさい。。。)

5.どこが一番悩みましたか?

そんなに悩んだことはなく、的確な提案をしていただいたのでどれも悩むことなく決まりました。
あえて言えば、各部屋の色調のバランス。2階も3階もリビングは濃いめの色ばかりになると重く暗くなるので気をつけました。
3階リビングの壁紙はグレー調の壁紙ばかり20枚以上の中から選びました。

6.お家の中で一番気に入っているポイントを教えてください

お母さま:玄関と2階リビングダイニング
理由:玄関は広々としていて天井が高く、入ってきた人がどんな家か想像できない感じだから。
リビングダイニングは想像していたよりも広く、くつろげる。みんなが集まりやすい。

妹さん:玄関
理由:天井が高く開放感があるから

奥さま:3階リビングに入るドアから見えるタイルの壁とネコ
理由:ドアのデザインを自分で考え(見返してみたら、デザイン画を25個も描いてたことにビックリ!)、
階段を上がるとガラスの部分からネコがお出迎えしてくれるようにしたから。
毎日仕事から帰ってきた時、その姿を見て癒されています。
タイルも最初からずっと使いたいと言っていたテーパーサブウェイタイルが使えたから。

旦那さま:建物全体のライティング
理由:照明機器と配置を細かく考え、実際思い通りのイメージになったから。

7.好きな国は?

いろいろ行きましたが、行ってよかったのは、オランダ・スペイン・スウェーデン
建築物や美術館を巡るのが旅行の楽しみの一つなので、ヨーロッパに惹かれます。

8.趣味は?

共通の趣味は美術館巡り。気に入った展覧会の画集を買うこと。
ポタリング
美味しい料理を家族で食べること。

9.お家づくりにおいて参考にしたものはありますか?

ピンタレストで好きなテイストや収納の仕方などを見つけて保存し、家族で共有しました。
実物を見れるものはできるだけ取り寄せたり、ショールームに足を運びました。
カタログだけではわからない質感や色味やサイズ感は、選ぶ目安になりました。
収納にも興味があったので、それらの本を読んだりInstagramやブログを見て参考にしました。

10.今、住んでみて思うことはなんですか?

離れていた家族と一緒に住むことになり、みんなでお茶をしたり
話をしたりする時間が増えて楽しいです。
家族の在り方や絆を再認識することができました。
プライバシーも程よく保たれて、暮らしやすいです。

11.これからリノベーションされる方にアドバイスをお願いします

家族が将来どうなっていきたいかを考えて、妥協せずに伝えること。
好きなテイストやモノのイメージの切り抜きをスクラップしておくのもオススメです。
1日の行動の流れを書き出すことも、スムーズな生活動線や収納の位置に繋がると思います。
できないかなと悩んでることもとりあえず、すべて相談してみると、必ず答えてくれます。
あとは、北条工務店の方を信じて任せましょう。

12.北条工務店を選んで良かったこと。

最初の打ち合わせのときに、北条さんが
「施工する大工が決まっているので、極端な話 釘一本まで誰が打ったか分かります」とおっしゃっていました(たぶんそれらしいこと)。
この言葉がずっと頭の隅にあって、ちょっと言いすぎちゃうかな…と思っていました。
しかし、関わってくださった皆様を見ていると、本当に釘に名前を描くような仕事の進め方に感動し、北条さんの言葉を疑った自分が恥ずかしいです。
いろいろと大変なことを共有しながら、進んでいく日々は本当に楽しかったです。
そして引渡しの際に工事にかかわった業者さんのリストを見て「あ~。やっぱり北条工務店で良かった」と心の底からおもいました。
最初の言葉を実現してくれた皆様、本当にありがとうございました。
おそらくこれからも長いお付き合いになると思いますがよろしくお願いします。