as it is な暮らし

光と風通しが心地よい80㎡のマンション。 収納も動線も有効的に計画して、心地よい住まいに。

巡り会った築30年の物件。角部屋で部屋からの眺めもよく、日当たりや風通しも抜群の空間を、全面リノベーションした今回の住まい。今の自分たちの生活スタイルと、将来一緒に暮らすかもしれないお母様との生活も見据えながら計画していきました。玄関は、大容量のシューズクローゼットを設け、帰るとすぐに手洗いうがいもできるように動線を新たに計画。さらに暗くなりがちなホール空間には、リビングからの室内窓を設けることで玄関に明るさと、そして意匠性もプラス。床はどうしてもしたかったヘリンボーン張りをPタイルで実現し、天井は麻のクロスを張って、印象的な空間に仕上げました。

マンションの構造部分であるコンクリートの梁は、敢えて左官やクロスで仕上げるのではなく剥き出しにして無骨な印象に。その他の梁部分もただホワイトのクロスを張るのではなく、グレーのクロスを貼ることでトーンを揃えました。収納部分は、適材適所に少しずつ設けることと、スペースを有効活用。無駄に広かった廊下空間を一切なくすことで大容量を確保することができました。キッチンはスペースを確保するために、キッチン自体は壁付けで施工し、間には作業台を設けて、家電と食器棚スペースに。コンセントも隠蔽で設けて意匠性と機能面の両方を実現しました。緻密に計画した使いやすさと心地よさを併せ持つ、居心地のいい住まいに仕上がりました。

CUSTOMER VOICEお客様に聞く。好きなこと、住まいのこと。
━━ 趣味はありますか?

共通の趣味で音楽鑑賞・スポーツ観戦です。

━━ 北条工務店を知ったきっかけは?

住宅情報誌の北条工務店さんのリノベーションした物件を見たのがきっかけです。写真を見て自分たちがイメージしていた部屋の雰囲気に非常に近いものがあったのでぜひ、話しを聞いてみたいと思いました。

━━ 実際に会ってみていかがでしたか?

何も分からない状態で無料相談会に伺いました。物件選びのポイントや工事内容についてお話を伺いましたが、工事についても細部まで拘りがあり信用できると感じました。

━━ マンションリノベーションをしようと思ったのはなぜ?

最初は新築1戸建ての物件も何件か見に行ったのですが、何かみんな同じで個性がなく、面白みが無いように感じて・・・。それから、中古物件を探しリノベーションする方向で話しを進めていき、予算的な事を考えマンションリノベーションで落ち着きました。

━━ 北条工務店に工事をお願いしようと思った理由は?

正直、最初にお話しを聞きに行った時から工事をお願いするつもりで伺っていました。何度かお話をさせていただいたり、実際、現地で物件を一緒に見ていただいたり、丁寧にアドバイス等もいただけたので安心して工事をお願いできると思いました。

━━ お家造りにおいて大切にしたことは?

家の中の明るさと、いかにスペースを有効に使えるか。あとは自分たちの好きな素材をどれだけ使えるかという部分です
スペースについては細かな隙間にも収納を作ったり工夫していただきました。

━━ お家の中でのいちばんのお気に入りは?

奥様:玄関・ダイニングの床部分のタイルのヘリンボーン貼り。最初からこれだけはやりたいと思っていたのですごく気にいっています。あとはキッチン壁部分に作った小窓。これはWIC換気用に作ってもらったものですがお洒落で気に入っています。ドア部分の小窓もお気に入りです。

ご主人:リビング床部分に無垢材を使用した事です。床部分に木の素材をどうしても使いたくてリビングに使用してもらいました。キッチンに造作してもらった作業台も収納や作業性を考えて作ってもらったので非常に使い勝手も良く気に入っています。

━━ 今でも覚えている一番思い出深い打ち合わせは?

初めての現地での打ち合わせです。今後どのようにしていくか現地でお話をさせて頂きましたが実際、その時はイメージも全くわかずこれからどうなるのか不安と期待が半分半分といった感じでした。

━━ 実際、住んでみていかがですか?

自分たちのこだわりを盛り込んでいるのでかなり快適に過ごせているかなと思います。引っ越した初日は綺麗すぎて戸惑っていましたが・・・。

━━ これからリノベーションされる方へ

自分たちの好みのテイストやどのようにしていきたいかをしっかりと話しあって妥協をしないことかなと思います。どんな細かな事でも納得できるまで相談することが大事かなと思いました。