北条工務店は、2020年までに着工物件の50%でZEHを目指します!

・ZEHへの取り組み

日本は欧州などと比べて気候が温暖なためか、住宅の省エネ化についての理解がまだ進んでいないのが現状なのです。政府では、2020年までに省エネ基準をすべての新築住宅に義務付ける方針を掲げています。また同じく、2020年までには標準的な新築住宅をZEHとし、2030年には新築住宅の平均でZEHを目指す計画としています。つまり住宅を取得するなら、ZEHが当たり前になる時代がもうすくそこまで来ているという事になります。そこで、北条工務店もZEHを標準的なものとし、2020年までに着工物件の50%をZEHとなるように、努めていきます。

・ZEHとは?

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略。1年間の消費エネルギーより住宅でつくったエネルギーの方が多い、または差がゼロになる住宅です。

・ZEHに向けて

省エネ:断熱、機密を高め、室内温度を年中快適に保ち、エアコンの使用頻度を減らす。また使用するエアコンも最新省エネ機器を導入し、無駄なエネルギー消費を抑制する。

創エネ:自然エネルギーを利用し、環境負荷が低い特性を持つ、太陽光発電システムや家庭用燃料電池(エネファーム)などでエネルギーをつくる。

畜エネ:太陽光発電でつくった電力や、割安な深夜電力を蓄電池などに貯めておき、消費電力の多い日中などの使用する。

HEMS:ホーム・エネルギー・マネジメント・システムの略。 家庭で電気を「創る」「蓄える」「賢く上手に使う」ために電気機器をネットワーク上で管理、リアルタイムで利用状況を把握・コントロールするエネルギー管理システムの導入。

これらの性能や機器を、北条工務店の住宅に取り入れて、ZEHに向けてのご提案をさせて頂きます。